採用情報

相手の気持ちに 歩み寄る仕事。 羽田野 隼司 新卒採用 入社7年目 >事業本部 / 債権管理部

愛情を持って心を聞き出す

債権管理部としての主な業務内容は家賃の支払いが滞っているお客様に対して返済金についてのお電話での相談や、回収業務を行なっています。営業などとは違い、基本的にはデスク業務が中心ですが、一人一人のお客様と向き合いながら時間をかけてご相談させていただく仕事です。

いつも大切にしていることは「傾聴力」、聞く力、聞き出す力。お客様もさまざまな事情で支払いが困難という状況ですので、私たちの一方的な要望をどれだけ語っても、話は前に進まないことがあります。まずは相手の立場に立って、弊社からも良いアドバイスができるようにお客様の話をしっかりと聞くことをいつも心がけています。

弊社とお客様の間には契約がありますが、結局は人対人との関係に変わりありません。相手の状況を考え、話す言葉一つ一つにも気を配りながら話し合い、お客様との関係をより円滑にする。しっかりと愛情を持って接することが一番大切なことだと思いながら取り組んでいます。その中でもお客様が心を開いてくれた時や信頼してもらえた時には大きなやりがいを感じます。お客様との距離感を大切にしながら、お互いが本音をぶつけ合える状況をいかにつくるか。お客様の気持ちに歩み寄っていく仕事です。

いい仕事は、スマイルから生まれる

私は入社7年目になりますが、部下などへの電話対応へのアドバイスも行なっています。話す言葉以上に気を配っているのが、話すときの「表情」です。電話で話す社員の表情、顔色を特にチェックしています。暗い顔のときは、いい方向には話が進まないことが多くあるので、いつも笑顔を忘れずに、いい表情でお客様と対話することを徹底しています。マニュアルではできない仕事なので、やはり経験を重ねることが一番のスキルアップにつながると思っています。

私は大分県出身者ですが、元々は地元の不動産会社に勤めていました。その当時にジェイリースが成長性のあるいい会社だという評判を耳にしていたので私もいつかこの会社で挑戦してみたいと思ったのが入社のきっかけです。

実際に働いてみても弊社は雰囲気もよく、和気あいあいとした中にも、礼儀や礼節を持って仕事に取り組める好環境でした。明るく、楽しく、厳しく。というイメージでしょうか、とても働きやすい職場です。
また、自分の意見が通りやすいところも魅力の一つ。今日入社した人でも、10年の経験者でも、いい意見であれば積極的に取り入れる。良い仕事を遂行するためには年齢も経験も関係はありません。

続けることが、天職への近道

私もこの会社には中途入社ですが、最初から自分の理想的な仕事に巡りあえることは少ないと思います。でも、どんな仕事でも、続けることでスキルが上がり、自分に合ってくる。そして天職になることだってあります。就職活動では単に業務内容だけではなく、企業の社風や働く社員の姿を見ることも大切にして欲しいです。

ぜひ一度、弊社に見学に来ていただき、たくさんの学生の方にもこの仕事の魅力を感じて欲しいと思います。

一日のスケジュール

  • AM8:50

    出社

    交通事情の兼ね合いなどで、遅れる場合もあるので朝は、スムーズに始業できるよう余裕を見て出社しています。

  • AM9:00

    始業 ご契約者へのお電話

    家賃の遅れているお客様にお電話して、返済スケジュールなどのご相談に応じます。いつも笑顔やいい表情で話すように心がけています。

  • PM12:00

    ランチ

    同僚とともにランチへ。仕事の悩みやプライベートの話まで。
    明るく楽しい会食でリフレッシュします。

  • PM13:00

    電話対応のアドバイス

    自分で直接お客様へ電話をかけてご相談に応じながら、他の社員が行なっている電話対応へのアドバイスなども同時に行います。

  • PM16:00

    書類作成

    一日のお電話で決まったことからや依頼されたもの、関係各所に提出する様々な債権書類などを作成します。

  • PM18:00

    退社

    残業時間も仕事の進み具合によりますが、集中してできるだけ定時に帰るように心がけています。

PAGE TOP